漫画のネタが思いつかず悩んでいる人に『ストーリーのネタ』では、物語創作のひらめきを得るおすすめの面白いネタを漫画やアニメから集め、感想と共にアイデア・ネタバレ・あらすじとして提供するブログ

Home » ストーリー展開(あらすじ) » 『地獄先生ぬーべー』 まさか会えるとは!時を遡る妖怪で過去改変

『地獄先生ぬーべー』 まさか会えるとは!時を遡る妖怪で過去改変

calendar

「地獄先生ぬーべー」10巻の
タイムスリップものの話から
ストーリーの作り参考になる
ネタを拾ってみました。

スポンサーリンク

『時をかけるぬーべー』あらすじ

【起】起こる出来事

主人公は
時間そ遡り過去を変えられる
可能性のある妖怪
「チャブクロ」に出会う

20141217085216

【承】問題・試練が訪れる

妖怪の力で時間を遡り
過去に命を掛けて
自分を助けてくれた
女性を救おうとする。

20141217085757

【転】クライマックス・解決

今の自分の力で
救おうとするが
今一歩のところで
現代に戻されてしまう。

20141217090055

【結】オチ・結末

妖怪「チャブクロ」の力は
邪心のないものしか
過去へ連れて行かないと言われている。

過去は変えれなかった。

20141217090155

アイデア・売り

  1. 時を遡る力を持つ妖怪と出会う
  2. 過去を変えれるかもしれない

物語パターン

過去を変えるためタイムスリップ

変える努力する

結局変えられなかった

過去は変えられないと悟る

感想

過去を変えたいという
欲求は

万人が持っている
欲求なので

物語のネタとしては
使いやすいストーリーですね。

後悔してる過去を変えたい
主人公は

共感を得られる設定ですね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.