漫画のネタが思いつかず悩んでいる人に『ストーリーのネタ』では、物語創作のひらめきを得るおすすめの面白いネタを漫画やアニメから集め、感想と共にアイデア・ネタバレ・あらすじとして提供するブログ

面白い漫画ストーリーのネタが思いつかない人、漫画家志望者、忙しくて作品をチェックする時間がない人、創作でスランプ人などに、物語作りの参考に新しいアイデアの素材として使えるおすすめの「あらすじ・オチ・設定・ワンシーン」を漫画・アニメ・ゲームから抽出しネタとして集めて紹介していきます。創作のお供に是非!

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』比企谷八幡のキャラ設定

time 2015/05/19

46c5d7f038b97cd10ef9114967580bde_s
 
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の
 
比企谷八幡(ひきがや はちまん)
 
を紹介します。
 

sponsored link

人物像

 
周囲に存在を軽んじられたり、上っ面だけの優しさに裏切られたり、遂には中学時代に告白して振られた事を告白相手に言いふらされて笑い物にされるなど幾多のトラウマ故に、「自分を愛する奴などいない」という前提条件で毎日を生きる、捻くれた性格に変貌した。いわゆる高二病主人公。俗に言うぼっちなのだが……当の本人は孤独を愛し、「自分を誤魔化すくらいなら、半端な協調や迎合なんかしない」「他人に駄目出しされて改まるような人格に中身なんてない」「ぼっちは誰にも迷惑をかけず、誰も傷つけず、全ての責任を自分で背負う」等、すらという信念すら持つぼっちである。
 
比企谷八幡は
 
過去に人間関係で期待して裏切られた経験から
 
当初は孤独で「ぼっち」気味ですが、
 
物語で奉仕部という
他人の悩みを解決する部活動を
行うことにより、
 
徐々に成長していきます。
 
八幡のように
 
他人からの疎外感を感じている人も
世の中には多いと思いますので、
 
こういったキャラの性格は
読者や視聴者に共感されやすい
と思います。
 

キャラクターの成長パターン

 
物語の構造としては
 
1:他人から裏切られて人間不信の主人公
 
2:人助けの部活動で人との関わを通し成長する
 
3:他人を信頼できるようになる
 
といったキャラの
成長パターンになると思います。
 
八幡の
自分なんかを愛してくれるやつなんて
いないという
 
スタンスの行動や口調は
勉強になりますね。
 
男性キャラとして
人気があるようですので、
 
自分に近いと
同一視して見ている人も多いのでは
ないでしょうか。
 
キャラクター作りの参考として
紹介させてもらいました。

sponsored link

down

コメントする




スポンサードリンク

プロフィール

カミムスビ

カミムスビ

ストーリーのアイデアや作り方に興味があります。 漫画のストーリー作りに参考になるネタを創作の研究がてら、漫画・アニメ・ゲームなどから集めています。

人気記事



sponsored link

Facebookページ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.