超展開ネタ

『テルマエ・ロマエ』あらすじ 古代ローマの浴場設計師が現代日本にタイムスリップ

テルマエ・ロマエI
スポンサーリンク

あらすじ・意外な出来事

 
古代ローマで
浴場の設計技師である
ルシウスは、
 
自分の考えた浴場が
採用されず
職場をクビになり
失業してしまう。
 
友人に誘われて
浴場に行くと、
 
浴槽の中に
奇妙な排水口を発見し、
その中に吸い込まれてしまう。
 
20150306081131
 
水面から顔を出すと
そこは現代日本で
場所は銭湯だった。
 
現代日本で
ルシウスは
お風呂関係の知恵を
学ぶ。
 
20150306081703
 
そして
様々なアイデアやひらめきを
得ると
 
再び古代ローマに
タイムスリップして戻る。
 
ひらめいたアイデアを
具現化した浴場を創ると
 
ローマ市民に
大人気を泊する
ことになる。
 

アイデア

 
古代ローマ人が現代に
タイムスリップして
悩みを解決する知恵を得る
 

感想

 
時代や国が違うところに
タイムスリップすると
 
現代の海外旅行とは
比べものにならない
カルチャーショックを
受けるでしょうね。
 
ルシウスの異文化に触れ
驚く様子が勉強になります。
 
古代人からは
そう見えるのかと
納得してしまいました。
ABOUT ME
カミムスビ
ストーリーがあるモノなら なんでも好き。 マンガのストーリー作りに 参考になるネタを 創作の研究がてら 漫画・アニメ・ゲームなどから 集めています。 作品のひらめき、キッカケを 得られるような情報を 発信していきます。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.