漫画のネタが思いつかず悩んでいる人に『ストーリーのネタ』では、物語創作のひらめきを得るおすすめの面白いネタを漫画やアニメから集め、感想と共にアイデア・ネタバレ・あらすじとして提供するブログ

面白い漫画ストーリーのネタが思いつかない人、漫画家志望者、忙しくて作品をチェックする時間がない人、創作でスランプ人などに、物語作りの参考に新しいアイデアの素材として使えるおすすめの「あらすじ・オチ・設定・ワンシーン」を漫画・アニメ・ゲームから抽出しネタとして集めて紹介していきます。創作のお供に是非!

「アイデアが出ねー」を解消!新しいアイデアが出やすい時と場所と方法

time 2016/08/02

paintbrush-3416618_960_720
新しいアイデアやひらめきがほしいと
思ったことはありませんか?
 
「なかなか新しい物語のアイデアが
出なくて苦しい!」
 
アイデアが出ない苦しみは、
創作している人なら誰もが
抱えている悩みの一つかと思います。
 
そこで今回は新しいアイデアを
ひらめく方法を幾つか
紹介してみます。
 
良いアイデアを得られれば
創作するのにあたって
値千金の価値なので、
 
試してみる意味は大いにありますよ。
 

sponsored link

三上

よくアイデアは生まれる場所として
伝統的には三上があると言われています。
 
三上とは、
 
「馬上」「枕上」「厠上」です。
 
これではよく意味がわからないので、
現代に解釈しなおして解説してみます。
 

乗りのもに乗っているとき

一つ目の「馬上」とは
馬に乗っている時のことです。
 
昔の馬は移動手段だったので、
現代的に解釈すると
 
車での移動中や
電車の中などの、
 
乗り物に乗って
移動している時ということです。
 
その乗り物の移動中が
アイデアが出やすい
ということですね。
 
乗り物の乗っている時間や
その空間をアイデアを
考える時に使うと
 
新しいアイデアが出やすいですよ
 
ということです。
 

寝ているとき

二つ目の「枕上」とは
布団やベッドの上などの
 
寝ている時が
アイデアが浮かびやすい
ということです。
 
枕元にアイデアノートを
置いておいて
寝る前などに考えてみたり
 
うとうとした時にひらめくなどしたら
書き留めることなどをすると
 
アイデアが得られやすいです。
 
寝ている最中や夢の中で
新しいアイデアやネタが
思いつくこともあります。
 
布団の上もアイデアを
得られやすい場所と時間なので
活用すると効果的ですね。
 

トイレの中

三番目の「厠上」とは
現代的にはトイレのことです。
 
トイレの空間や時間に
アイデアが出やすいんですね。
 
トイレではリラックスできたり、
一人で考えごとができたりするので、
 
案外ひらめきやすいんだと思います。
 

喫茶店

喫茶店もアイデアが出る場所としては
有効な場所にひとつです。
 
漫画家でもよく喫茶店で
アイデアを考えたり
話を作ったりしている人も多いので、
 
考えてひらめきを得る場所としては
いいですね。
 
自宅や普段の生活している場所で
アイデアを考えようとしても
 
アイデアを考える前に
周囲に遊びの誘惑や
邪魔するものなどが多くて
 
気が散ってしまいがちになります。
 
喫茶店などでは一人になれて
かつ余計なものが回りにないので
 
集中して考えたり
適度にリラックスできて
新しいアイデアを
得られやすい環境です。
 
アイデアを考える場所としては王道ですね。
 

散歩

散歩している時にも新しいアイデアが
よく得られると言われています。
 
これには2つの理由があります。
 
一つには
 
歩くことによって全身の
血流の循環が良くなり
脳も活発に活動できるから
 
という理由です。
 
もう一つは
 
散歩をすると
目に映る景色がどんどんと
変わっていくため、
 
普段の日常の思考から
離れていきやすいため、
新しいアイデアを思いつきやすい
 
ということです。
 
散歩もアイデアを得る
有効な手段の一つです。
 

普段行かないところへ行ってみる

普段は自分が行かないところに
行ってみると
 
それが新しい刺激となって、
思いもよらないアイデアが
得られることがあります。
 
けっこう人間は同じ場所や
同じ行為を繰り返しているものです。
 
そして、その行動範囲や習慣から
逸脱することをあまりしません。
 
だからこそ、
 
あえて普段行かないような場所や
行けないような場所に行ってみるんです。
 
そうすることで、
自分の世界観も広がりますし、
 
その新たな場所の刺激が、
新しいアイデアを生むきっかけを
与えてくれることがあります。
 
だから旅行も普段行かないところに行くという
意味でいいんですね。
 
でも大げさに旅行までしなくても
身近な場所でも大丈夫です。
 
近場でも自分が知らない新しい場所に
あえて行ってみるというスタンスで
いいと思います。
 

違う分野のことを調べてみる

自分が得意なことや、
興味ある分野ではなく、
 
少し違った分野のことを
調べたり勉強したりしてみます。
 
この方法によっても
新しひらめきがくることがあります。
 
ふだん自分が興味のないことを
あえて調べてみることで、
意外な視点が得られるんですね。
 
新しい視点を得られたり、
知識が増えたりすることで
 
今まで思いつくことが
出来なかったアイデアが
得られることがあります。
 
異質な分野の知識が融合して
新しい考えが生まれるんですね。
 
異質な分野の知識をつけて新しいアイデアを得る方法は
漫画のネタが思いつかない時に効く『一人ブレーンストーミング』で新アイデアの出し方
の記事も参考になります。
 

普段しないことをあえてやってみる

sport-562154_960_720
普段は絶対にしないことを
あえてやってみます。
 
考えるだけでなく
実際に行動してみることで
得られる経験や体験が
 
あなたの新しいアイデアの
誘発剤になります。
 
バカバカしいことに
チャレンジしてみることでも
オッケーです。
 
普通の思考や常識なら
絶対やらないようことを
あえてやってみることで、
 
それが自分の想像できる範囲を広げて
新アイデアを生むきっかけに
なるかもしれません。
 
テレビのバラエティー番組や
お笑い番組では
 
バカバカしいことにチャレンジして
面白さを創造していますよね。
 
実際に行動してみることで
新しいアイデアが生まれるきっかけを
得られることがあります。
 

他人にアイデアを話して会話のキャッチボールをする

一人でアイデアを考えていても、
煮詰まってしまって新しいアイデアが
出ないときがあります。
 
そのような時は人と会話をすることで
新しいアイデアが生まれることがあります。
 
漫画家や作家と編集者もこういった関係ですね。
 
一人でアイデアを頭の中で考えるより
他人に話してみて反応や意見を聞きながら
 
2人でアイデアを発掘していく
というスタイルです。
 
知識ある人じゃなくても、
普通の人との会話でも
意外なヒントや気づきを得られます。
 
こういったアイデアはどうかなと
投げかけてみると
 
あんがい意見や感想を言ってくれます。
 
その反応や意見も自分では
とうてい考えつかない
アイデアがある場合があります。
 
実際に会話をしてみることで
新しいアイデアのきっかけが見えたり、
 
もやもやしていたアイデアが
整理されてくることがあります。
 
会話のキャッチボールも
アイデアの源泉になるんですね。
 

掃除をしてモノを捨てる

掃除をしてモノを捨てると
スッキリしてアイデアが
出やすくなります。
 
不思議なのですが、
 
掃除してスッキリすると
新しいひらめきや
やりたいネタが出てきたりします。
 
創作のやる気も出てきます。
 
これは不要なものを貯めこんでいたり
整理整頓されていない環境では
 
新しいアイデアが生まれにくいのだと
思います。
 
また、モノがいっぱいで
新しいものが入るスペースがない
環境などになると、
 
新しい自分に生まれ変わることを
潜在意識では拒否しています。
 
アイデアも同じです。
 
新しく入れるためには出さないといけない。
 
よく言われることに
部屋の環境とあなたの自身の心は
リンクしていると言われています。
 
乱雑な部屋になっていると
 
思考も乱雑になり
考えがまとまらないことが
多いです。
 
スッキリして整理されている
部屋では思考もスッキリして
新しい考えが湧いてきやすいです。
 
本棚でも、もう読まない古い本を
整理したり捨てたりして
スペースを空けることで、
 
また新し知識を得たい欲求が
高まり新しい本が入ってきます。
 
捨ててスペースを開けると
入ってくるんですね。
 
新しい発想を得るために
掃除したり、不要なモノを
捨てるのは
 
アイデア獲得の
有効なアプローチだと思います。
 

情報を遮断してみる

情報を遮断してみることで
アイデア得る方法です。
 
現代文明で私たちは
インターネットやテレビに雑誌と
様々な情報に24時間
さらされてします。
 
そういった、情報洪水の中には
価値の低い雑情報も多く
 
その情報によって踊らされ
反応されられてしまっていることも
往々にしてあります。
 
一人で誰にも邪魔されず、
孤独になってみる時間は
現代では大切になっています。
 
そういった邪魔や雑情報が入らない
時間を持つことで
 
普段は考えられなかったことを
考えられたり、
 
自分が本当に作りたいものは
何なのかといった
心の底にある思いを
発見することがあります。
 
そのような時に
新しいひらめきや
インスピレーションが
臨むことがあります。
 
日ごろ、情報収集に励んで
忙しくしている人などは
 
なかなか情報遮断して
一人になるということは
難しいかと思います。
 
でも時には新しいアイデアや
ひらめきを得るために
 
意図して孤独な時間を持ってみてください。
 
創造の時には孤独は必要です。
 
孤独の時間は
 
創造にとってはゴールデンタイム
 
なのだと思います。
 

◆注意点

新しいアイデアを得るときに
一つの注意点があります。
 
それは、
 
アイデアを思いついたら
すぐにメモや記録をとれるように
しておくことです。
 
せっかくのアイデアやひらめきを
得られたとしても
そのアイデアを
記録しておかないと、
 
10分後には
忘れてしまっていることが
往々にしてあります。
 
メモやボイスレコーダーなどに
アイデアを残せるように、
 
記録できるものを
あらかじめキチンと
準備しておくことが大切です。
 
せっかく得られたアイデアを
逃がしてしまうのは
本当にもったいないですからね。
 

まとめ

新しいアイデアを得る方法を紹介しました。
 
様々なアイデアを得る方法を
紹介しましたが、
気になったものは
ぜひ実際に試してみてください。
 
あなたに合う新アイデア獲得術
になるかどうかは
実際に実践してみないと
わかりません。
 
だから、気になった方法は
とりあえずやってみることを
おすすめします。
 
自分に合うアイデア発想法になれば
 
物語のアイデアやコンセプトを作れる
大きな力となって
 
あなたのクリエイトをサポートしてくれますよ☆

sponsored link

down

コメントする




スポンサードリンク

プロフィール

カミムスビ

カミムスビ

ストーリーのアイデアや作り方に興味があります。 漫画のストーリー作りに参考になるネタを創作の研究がてら、漫画・アニメ・ゲームなどから集めています。

人気記事



sponsored link

Facebookページ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.