ストーリー展開(あらすじ)

『八雲立つ』あらすじ 出雲の神社で禁断の儀式を目撃してしまう

519gzyJihfL

八雲立つから

ストーリーのはじまり方を
大まかにまとめて

創作の参考に
ネタ化してみました。

スポンサーリンク

『八雲立つ』ストーリーあらすじ

主人公は東京の大学生。

取材同行のアルバイトで
島根県を訪れることとなり、

家族から家系に代々伝わる
太刀を奉納すしようと
島根の神社を訪れる。

20141217145811

そこで神社の次期宗主である
闇己(くらき)と会う。

20141217145911

その神社では奇祭が行われていて
祭り最後で
世代交代の儀式として
宗主の命を断つ
闇己を目撃してしまう。

闇己に主人公は殺されそうになるが

主人公の持ってきてた
太刀は神剣だった。

20141217152859

その力を使い
闇己を襲おうとする闇を
浄化する。

感想

大まかに端折って
あらすじを書きましたが

創作の参考にするため

話の流れがわかりやすいように
アレンジしてます。

「八雲立つ」は
島根の出雲地方の神話をベースに
ストーリーを作っているので

神話や民俗学を元にした
話を作りたい人は
見ておいくとネタは結構
転がっています。

過去世の縁みたいな
要素も絡んでくるので
時間を超えたドラマも
入っているのが興味深いですね。

あと
各地に散らばった神剣を集める
目的も話の設定として
あるので

宝を探す系の
ストーリー作りにも
参考になります。

八雲立つ 第1巻 (白泉社文庫 い 1-18)
ABOUT ME
カミムスビ
ストーリーがあるモノなら なんでも好き。 マンガのストーリー作りに 参考になるネタを 創作の研究がてら 漫画・アニメ・ゲームなどから 集めています。 作品のひらめき、キッカケを 得られるような情報を 発信していきます。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.