漫画のネタが思いつかず悩んでいる人に『ストーリーのネタ』では、物語創作のひらめきを得るおすすめの面白いネタを漫画やアニメから集め、感想と共にアイデア・ネタバレ・あらすじとして提供するブログ

Home » ストーリー展開(あらすじ) » 『いなり、こんこん、恋いろは』一話あらすじ・ネタ&感想 狐を助けたら変身能力を授かった

『いなり、こんこん、恋いろは』一話あらすじ・ネタ&感想 狐を助けたら変身能力を授かった

calendar

1e65606b

スポンサーリンク

『いなり、こんこん、恋いろは』

第一話あらすじ

伏見いなりはある日

登校途中に川に落ちていた

子狐を助ける。

同級生の丹波橋君に

片思いしているがドジをして

彼に恥をかかせてしまい 、

 

かつ丹波橋君が同級生の墨染さんに

気があるじゃないかと感じ

落ち込むいなり。

 

帰り道 稲荷神社の境内で

うたた寝してると

宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ) と出会う。

願いを叶えてやろうというので

彼が憧れている墨染さんに

自分はなりたい と願うと

自分の姿が本当に墨染さんになる!

宇迦之御魂神から

変身能力を授かって しまった。

アイデア

日本の神々

能力を授かる

変身能力

感想

動物など助けた見返りに

恩返しを受けるという アイデアは

昔話に よく見られますね。

 

どんな存在から

どんな力を授かるか

をアレンジすれば

様々なバリエーションが

生まれそうなネタです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.