ストーリー展開(あらすじ)

『ビブリア古書堂の事件手帖』あらすじ・ネタ 活字マニアの篠川栞子さんと出会う

『ビブリア古書堂の事件手帖』

からネタを抽出してみました。

スポンサーリンク

アイデア・売り

  1. 活字中毒で凄くの内向的な若い美人の
    古書店店主が事件を解決する
  2. 客が持ち込む本に関わる謎を
    解いていく話のスタイル
  3. 主人公が活字が読めない体質と
    ヒロインが活字中毒という
    人物の組み合わせ

簡単あらすじ

活字が苦手な体質の
主人公・五浦大輔(ごうら だいすけ)が

本が大好きで活字マニアの
篠川栞子(しのかわ しおりこ)が
店主をしているビブリア古書堂で
働くことになり

本にまつわる事件を
栞子と共に解決していく。

感想

栞子さんのキャラクターが
可愛すぎです。

内向的で人見知りだけど
本が関係すると
毅然とした態度になるのが
いいですね☆

ABOUT ME
カミムスビ
ストーリーがあるモノなら なんでも好き。 マンガのストーリー作りに 参考になるネタを 創作の研究がてら 漫画・アニメ・ゲームなどから 集めています。 作品のひらめき、キッカケを 得られるような情報を 発信していきます。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.