ストーリー展開(あらすじ)

『くまみこ』あらすじ・始まり ド田舎神社の巫女が都会生活へ憧れる 

くまみこ 1 (コミックフラッパー)
スポンサーリンク

第一話「クマと少女お別れの時」

20150202082002

東北地方の山奥にある
熊出神社の巫女の
雨宿 まち(あまやどり まち)は

都会の高校に進学したいと
神の使いであるヒグマの
クマ井 ナツに
お願いする。

20150202082648

田舎コンプレックスを
持っているまちに
ナツは

様々な都会では
常識の質問を出す。

そしてそれらの問題にまちが
ビミョーな答えしかできないので
都会へ出るのを認めない。

しかし
まちの田舎を出て都会へ行く
決意は変わらないのであった。

アイデア

  1. 山奥育ちの巫女が
    都会の生活に憧れる
  2. しゃべるクマ

感想

何の変化も刺激もない
田舎の生活にあきあきしている
少女が

都会へ出てみたいが

何かとクマが反対して
夢が叶わない

そんなストーリー構造です。

都会とド田舎という
認識のギャップが
面白さを産んでいる
作品です。

ABOUT ME
カミムスビ
ストーリーがあるモノなら なんでも好き。 マンガのストーリー作りに 参考になるネタを 創作の研究がてら 漫画・アニメ・ゲームなどから 集めています。 作品のひらめき、キッカケを 得られるような情報を 発信していきます。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.