超展開ネタ

『封神演義』悪い仙人達を封じていく計画を実行することになる【物語のネタ】

封神演義 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

今回は封神演義の第一話から
ストーリーのネタ・アイデアを
探してみました。

スポンサーリンク

 悪い仙人達を封じていく計画を実行することになる

3000年前の古代中国では仙人や妖怪達が
人間達と共に生きていた時代。

邪な女仙人が国王を
傀儡にして国は乱れていた。

ある日
崑崙山で仙人を目指して修行している
新人道士の主人公は

師匠の三大仙人の一人の
元始天尊に呼ばれる。

「お主に悪の仙人達を封じる
封神計画を実行してもらう。

封神の書に記載している
悪の仙人や道士
365人を倒し封印せよ。」

20141219085953

「ええっ!」
と驚きながらも
主人公は依頼を受ける。

元始天尊から
宝貝(パオペエ)という

異能の力を持った仙人界の道具

乗り物の霊獣

を貸し与えられる。

主人公の悪い仙人達を
封じる旅が
今始まる。

感想

個性豊かな仙人達が

様々な思惑を持って
人間界に影響を
与えている世界観が

面白いアイデアですね。

あと
さまざまな能力を持った
仙人の武器(宝貝)も
どんな能力なのか

読者の興味を引く
ネタですね。

時代や環境を変えてアレンジすれば
面白いストーリーのネタに
なりそうな作品ですよ。

アイデア・売り

  1. 超常の力を持つ仙人を封じていく
  2. 仙人の様々な能力を持つ武器・道具
  3. 人間で才ある者は修行すれば仙人になれる

物語パターン

妖怪・邪を封じる依頼を受ける

主人公は旅立つ

ABOUT ME
カミムスビ
ストーリーがあるモノなら なんでも好き。 マンガのストーリー作りに 参考になるネタを 創作の研究がてら 漫画・アニメ・ゲームなどから 集めています。 作品のひらめき、キッカケを 得られるような情報を 発信していきます。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.