ストーリー展開(あらすじ)

『月刊少女 野崎くん』あらすじ・ネタ 無骨な男子高校性は実は人気少女漫画家だった

『月刊少女 野崎くん』から

ストーリーの流れを紹介します。

スポンサーリンク

『月刊少女 野崎くん』ストーリーの流れ

【起】起こる出来事

主人公は勇気を出して
同級生に告白する。

【承】問題・試練が訪れる

部屋に誘われ
行くと
漫画原稿を渡され
訳も分からず手伝う。

【転】クライマックス・解決

実は
同級生は売れっ子
少女漫画家だった。

【結】オチ・結末

主人公は
同級生の漫画制作の
手伝いをすることなる。

アイデア・売り

無愛想な男子同級生が
少女漫画家

感想

「憧れてた人が実は○○だった」
という話の構造です。

主人公は
相手が好きなので
その世界に関わっていくという
話の流れですね。

見た目が少女漫画家なんか
絶対やってなさそうなのに

やっているという
ギャップが

キャラクターの個性を
際立たたせています。

 

ABOUT ME
カミムスビ
ストーリーがあるモノなら なんでも好き。 マンガのストーリー作りに 参考になるネタを 創作の研究がてら 漫画・アニメ・ゲームなどから 集めています。 作品のひらめき、キッカケを 得られるような情報を 発信していきます。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.