ストーリー展開(あらすじ)

『ばらかもん』一話あらすじ・ネタ&感想  挫折の青年書道家、田舎の生活で自分の壁をブチ破る

スポンサーリンク

『ばらかもん』あらすじ

【起】起こる出来事

書道家の主人公が
受賞パーティで

自作の作品を酷評され

書道家の重鎮を殴ってしまう。

 

父が主人公を反省させる

時間を与えるため

一人田舎へ送られることになる。

主人公の一人暮らしが始まる。

【承】問題・試練が訪れる

田舎の住民達との交流が始まる。

 

人付き合いが苦手な主人公は

戸惑いながらも人との繋がりから

行き詰まっていた書道家としての壁を

じょじょに乗り越えていく。

アイデア・売り

  1. 田舎の島での生活
  2. 書道家の主人公

物語テンプレート

挫折

田舎の人達と心の交流

自分の変化

壁を乗り越える

感想

島の人々との暖かい交流が

心に傷を負った主人公を
徐々に癒していく過程が
心が温まっていいですね。

 

田舎の雰囲気を表現する時に
すごく参考になる作品だと思います。

 

失敗し傷心したキャラを
違う環境の舞台に送り込むことで

 

主人公にとって

カルチャーショックが起こる
出来事が多発し

 

主人公の成長するドラマが
生まれるという構造を持つ物語ですね。

ABOUT ME
カミムスビ
ストーリーがあるモノなら なんでも好き。 マンガのストーリー作りに 参考になるネタを 創作の研究がてら 漫画・アニメ・ゲームなどから 集めています。 作品のひらめき、キッカケを 得られるような情報を 発信していきます。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.