ストーリー展開(あらすじ)

『ハイキュー』一話あらすじ・ネタ&感動 背の小さなアタッカーが有名な天才選手に挑む!

スポンサーリンク

『ハイキュー』1話ストーリーの流れ

【起】起こる出来事

主人公は小学生の時に
テレビで偶然見た
「小さな巨人」という
伝説のバレー選手に憧れ

背は小さいながらバレーを始めた。

そして中学生活で
ようやくメンバーをかき集め
最初で最後の公式戦に挑む!

【承】問題・試練が訪れる

一回戦で
優勝候補といきなり当たり

相手の天才選手と戦う。

【転】クライマックス・解決

最後に主人公が
凄い反応のアタックをして
意地を見せる!

・・・が

試合は惨敗。

【結】オチ・結末

時は過ぎ
高校に進学して
心気一転バレー部に入ろうと
体育館に行くと

あの対戦した天才選手と再開する。

驚く2人。

同じチームメイトになるらしい。

アイデア・売り

背の小さい主人公がアタッカー

感想

背が低いという
ハンデを付けて
主人公を設定しています。

その方が
作品の特徴が出ますね。

不良がバスケをやる

勉強の秀才がテニスをやる

など
一見スポーツをやらなそうな
キャラがやるから
困難が起き
ドラマが生まれ
面白くなるんですね。

ハイキューの場合は
背が低いのに
アタッカーをするという

結構
厳しい条件が主人公に
付いてあるので

手に汗握る展開が
繰り広げられるんですね☆

ABOUT ME
カミムスビ
ストーリーがあるモノなら なんでも好き。 マンガのストーリー作りに 参考になるネタを 創作の研究がてら 漫画・アニメ・ゲームなどから 集めています。 作品のひらめき、キッカケを 得られるような情報を 発信していきます。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.