漫画のネタが思いつかず悩んでいる人に『ストーリーのネタ』では、物語創作のひらめきを得るおすすめの面白いネタを漫画やアニメから集め、感想と共にアイデア・ネタバレ・あらすじとして提供するブログ

面白い漫画ストーリーのネタが思いつかない人、漫画家志望者、忙しくて作品をチェックする時間がない人、創作でスランプ人などに、物語作りの参考に新しいアイデアの素材として使えるおすすめの「あらすじ・オチ・設定・ワンシーン」を漫画・アニメ・ゲームから抽出しネタとして集めて紹介していきます。創作のお供に是非!

『キャラクターを作ったけど物語で動かない』ときの対処法

time 2015/10/12

angel-749625_640
 
キャラクターを作っても
なかなかストーリー上で
動いてくれないことって
ありませんか?
 
キャラクターを作るときに
大勢の人が見過ごしがちな
ポイントがあるので、
 
キャラがいまいち
動かないようなパターンに
なってしまっている場合が
あります。
 
一般的に漫画でキャらクターを
作るというと、
 
容姿はどうしようかか?
生年月日や血液型や趣味などは
どうしよう?
 
というようなことを先に作って
いくことが多いと思います。
 
でもそういったポイントに
凝ってキャラを作っても
 
キャラクターが物語の中で
動くようにはなりません。
 
ではまずはじめに
キャラ作りで真っ先にに
決めるべきポイントは
何かというと…
 
キャラクターに『目的』を持たせること
 
です。
 
目的を持たせることで、
キャラは常に目的に向かって
進んで行こうとします。
 
キャラクターに進むべき
目的地やゴールがないと
 
そのような方向に
行けばいいのかということが
曖昧になり、
キャラが動かないんですね。
 
だからキャラクターを
作る上では
まず『目的』を作ることが
重要です。
 
キャラクターは
『目的』に向かって進んでいく
 
それが
 
ストーリーが進んでいく
 
ということです。
 

sponsored link

まとめ

キャラクターが動くポイントの
『目的』の重要さを
見てみました。
 
キャラクターに
目的を持たせることで
 
その目的を達成を
妨げる障害をおいて
葛藤を持たせることも
できます。
 
そして目的を作ることで
物語の方向性やジャンルも
決まってきます。
 
キャラの持つ目的が、
 
恋人を作りたい
 
と、
 
ライバルを倒す
 
だと全然別の話になりますよね。
 
キャラクターに進むべき
方向性を持たせたいなら、
 
あなたの作るキャラクターに
『目的』がしっかりと
埋め込まれているか
 
一度チェックしてみるといいですよ。
 

sponsored link

コメント

down

コメントする




スポンサードリンク

プロフィール

カミムスビ

カミムスビ

ストーリーのアイデアや作り方に興味があります。 漫画のストーリー作りに参考になるネタを創作の研究がてら、漫画・アニメ・ゲームなどから集めています。

人気記事



sponsored link

Facebookページ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.