超展開ネタ

吸血鬼のタクシードライバーがアイドルを助ける【漫画のネタ】

20141126082328

 

北条司短編集2「桜の花の咲くころ」の
『TAXI DRIVER』から漫画のネタを紹介します。

スポンサーリンク

吸血鬼のタクシードライバーがアイドルを助ける

大神晃(おおがみあきら)は吸血鬼、

日光が弱点で
深夜のタクシードライバーとして

働いている。

ある夜一人の女性客を乗せたら
現在行方不明の

アイドルの松村渚だった。

渚は悪いの組織に追われてて
身売りされそうなピンチに。

晃は渚を助けるため
敵を倒しますが
代償に朝日を浴びてしまい
灰になってしまいます。

悲しんだ渚の目から涙が流れ

その瞬間、

晃は日光を浴びても
平気な人間に転生する。

「自分のために
心から流してくれた涙で
吸血鬼は人間として蘇る」

という先祖の言い伝えは
本当だったと驚く晃と喜ぶ渚。

アイデア

吸血鬼が
自分への心からの涙で
人間になる

感想

非常によくまとまったストーリーで
話の構成などは
プロの技が光る名作だと思います。

よくこのページ数で
映画一本見終わったような
ドラマが描けるものだと
感嘆した作品です。

主人公の晃が危険を冒しても
渚を助けにいくという

以前の自分ではしない事をする
心の変化がいいですね。

創作のお手本としても
オススメの作品です☆

桜の花咲くころ (ジャンプコミックス 北条司短編集 2)
ABOUT ME
カミムスビ
ストーリーがあるモノなら なんでも好き。 マンガのストーリー作りに 参考になるネタを 創作の研究がてら 漫画・アニメ・ゲームなどから 集めています。 作品のひらめき、キッカケを 得られるような情報を 発信していきます。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.