プロ漫画家・作家の創作のポイント

【漫画家】藤田和日郎流 漫画の描き方8つの極意

141107writing-thumb-639x360-81026
今回は『うしおととら』
『からくりサーカス』『月光条例』など
数々の少年の心を
熱くさせてくれる名作を産み出した

漫画家の藤田和日郎先生の
漫画作品を創造する
秘訣をまとめてみました。

漫画情報誌の「コミッカーズ」の
藤田先生へのインタビューを
参考にさせてもらいました。

スポンサーリンク

面白い漫画の作り方

1:キャラクターがストーリーを創る

本当に面白いマンガというのは
キャラクターが物語を作っていく

少年マンガに限定していうと
まず登場キャラクターが
面白いということが
漫画の面白さでは大きな要素を占め、

キャラクターを創って
そのキャラを
動かすということが

一番パワーがでる
物語の作り方だそうです。

2:キャラクターを面白いシチュエーションに入れる

面白いキャラをこんな面白いシチュエーションに
叩き込まれたらどうなるんだろう?

この方法で発想していくと
否が応でも面白い物語に発展しやすい。

3:ストーリーの基本は人の心が変わるもの

「人の心が変わるもの」を基本
ストーリーを創ると上手くまとまる。

人の心が変わるものを描くメリットは
いい具合にクライマックスに持って行けて
ストーリーが収束すること。

藤田先生が若い時に
編集さんから言われたことで
今でも心に残っていることが
「人の心が動くことが、読者に感動をもたらす」
という言葉だそうです。

4:一番見たいシーンは何かを考える

一番見たいビジョン、シーンがあれば
それに向かってストーリーが流れ込んでいけるので
凄く勢いのあるいいマンガになる。

 

141201likeamovie1-thumb-636x358-81890

漫画の創作力を上げる練習法

5:何が面白かったのか分析する

面白いエンターテイメント作品を見た時に
「自分はこの作品の何が面白かったんだろう?
何に惹かれたんだろう?」
を考えてみる。

その自分のアンテナに引っかかったものを
自分の作品に取り入れる。

6:面白いものを描く為には何だってする

世の中にある面白いものはすべて、
自分の漫画を面白くする
栄養素だと思ってるそうです。

駄作も見なきゃダメ、
その作品の何がダメだったのか考え、
自分ならこうするのにと
思うことが大切。

7:「好き」は「真似はいけない」の上

人のアイデアを真似するのが
嫌だと思う人も多いと思いますが、
「好き」は「真似してはダメ」の
上をいくもの。

このストーリー展開で
自分は感動したとしたら
自分のキャラクターで
その展開をやってみると
キャラクターが違うから
違う漫画になる。

 

resize

漫画家になれる一番の方法

8:ネームをたくさん描くと漫画家になれる

ネームを描くということは
プロレスラーでいう筋トレと同じ
基礎訓練のようなもの。

藤田先生は漫画家志望の人に
よく言うそうです。

「ネームを描いた量に比例して漫画家になれる」

 

まとめ

重要だと思うものを
ピックアップしてみました。

キャラクターがストーリーを創る

心が変わるものを描くことが物語の基本

ネームを描いた量に比例して漫画家になれる

などが心に残りました。

プロの現場で長年活躍されている
藤田先生ならではの
珠玉の創作アイデアですね。

藤田先生のマンガへの熱い情熱
本当に熱いです。

ストーリー創作に悩んでいる方の
参考になるかもと思い
シェアさせていただきました。

ABOUT ME
カミムスビ
ストーリーがあるモノなら なんでも好き。 マンガのストーリー作りに 参考になるネタを 創作の研究がてら 漫画・アニメ・ゲームなどから 集めています。 作品のひらめき、キッカケを 得られるような情報を 発信していきます。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.