漫画のネタが思いつかず悩んでいる人に『ストーリーのネタ』では、物語創作のひらめきを得るおすすめの面白いネタを漫画やアニメから集め、感想と共にアイデア・ネタバレ・あらすじとして提供するブログ

面白い漫画ストーリーのネタが思いつかない人、漫画家志望者、忙しくて作品をチェックする時間がない人、創作でスランプ人などに、物語作りの参考に新しいアイデアの素材として使えるおすすめの「あらすじ・オチ・設定・ワンシーン」を漫画・アニメ・ゲームから抽出しネタとして集めて紹介していきます。創作のお供に是非!

個性的なキャラクター制作講座‐4つのポイントを押さえて独自のキャラを作り出す方法‐

time 2016/09/11

fantasy-picture-8944704_960_720
 
漫画を創作するに当たって、
登場するキャラクターの役割は
すごく大切です。
 
よくオリジナルで個性的な
キャラクターを作ってみようとしても、
漠然と個性的なキャラをと思っていても
 
なかなか個性的なキャラを作り出すことが
難しこともあると思います。
 
そこで、個性的なキャラクターを
形成している要素を4つに
絞ってみました。
 
これによりキャラの個性を具体的に
設定していくことが容易になります。
 
それぞれの個性を作り出している
ポイントを具体的に決めることで
 
より個性が立ったキャラが生まれます。
 
またキャラクターが
どのように行動するかも
作者も予想ができるようになるので、
 
どのようなエピソードや
ドラマを配置すると
 
活躍しそうなキャラクターなのかも
わかってきます。
 
覚えておいて損はない
キャラクターの設定方法です。
 

sponsored link

個性的なキャラクターを作る4つの設定

願望

まず始めに決める
1つ目の設定ポイントは
『願望』です。
 
そのキャラクターが
どのような願望や欲求を
持っているかを
具体的に設定しておくことです。
 
願望はキャラクターが
行動を起こすときの
大きな原動力になります。
 
「お金持ちになりたいから、○○する」
 
「将来有名人になってチヤホヤされたいから△△する」
 
「好きな人に振り向いてもらいたいから□□する」
 
というように、
キャラクターが行動する原因は
そのキャラが持っている
願望によって変わってきます。
 
願望を具体的に設定することが大切です。
 
ここでよく見かける
ストーリー展開中における
注意点があります。
 
初心者がよくやるのは、
 
このキャラクターが行動を起こす動機である
願望を持つ理由を
 
しっかりとストーリーの中で
示していないパターンが
多々見られることがあります。
 
「なぜ、そのキャラクターに告白したいほど、好きになったいるのか」
 
「なぜ、ライバルや敵を倒して勝ちたいのか」
 
「なぜ、冒険に出て旅をしてみたいのか」
 
ストーリーの中で願望や欲求を持つにいたった理由を
ハッキリを示してあげていないと
 
読者はそのキャラの行動に納得できなくて
物語の世界に没入できないことがあります。
 
だから、創作するキャラクターの願望を
しっかりと物語の中で描いておくことで
 
読者はよりそのキャラクターを
納得して受け入れてくれる
ようになります。
 
創作するキャラクターが
持っている『願望』を
具体的に設定すると
 
個性がより明確になってきます。
 

好き嫌いの基準

2つ目の個性的なキャラクター創作
のポイントは
 
『好き嫌いの基準』です。
 
例えば、どこかに遊びに行くことにした場合
それぞれの人の好き嫌いによって
行く場所が違ってきます。
 
ある人は遊園地で絶叫マシンに乗りたい
 
ある人はカラオケで歌いたい
 
ある人は温泉でまったりと過ごしたい
 
というよに、それぞれの人の
好きなものの違いによって
行きたい場所が変わってきます。
 
更に嫌いなことも併せると
行きたい場所の選択に
また別の判断基準も加わります。
 
ある人は遊園地は好きでも、
人ごみがイヤだから混んでいる
遊園地は行きたくない
 
ある人はカラオケで歌うことは好きでも、
人見知りのため大勢が集まっての
カラオケに行くのはイヤ
 
このように嫌いな基準も
それぞれの人が違っているので
行動パターンが変わってきます。
 
キャラクターも同じです。
 
創作したキャラクターが
何を好きで何を嫌っているのかによって
 
あるシチュエーションや状況を
与えられた時に
それぞれのキャラの好き嫌いの
基準によって行動が変わってくるんですね。
 
ライバルや敵を倒すといった
よく使われるの
ストーリーパターンだとしても
 
そのキャラがどのような方法で
倒そうするのかは
 
キャラクターの好き嫌いの
基準の違いによって、
言い換えれば価値観によって
ずいぶん変わってきます。
 
「正面から堂々と勝負して、敵を倒す」
 
「効率的に策略を用いて倒す」
 
「傷つくのが嫌だから、相手に取り入って隙をつくり寝首をかく」
 
など、そのキャラクターが
どのような方法をもちいるのか
ということも
 
好き嫌いの基準によって、
どのような行動を選ぶのかが
変わってきます。
 
嫌いなことは当然行動する確率は
グッと下がります。
 
反対に好きなことは行動する確率は
グッと上がります。
 
「学校で嫌な科目は勉強したいですか?」
 
と問われれば
誰でも勉強したくはないですよね。
 
でも、好きなことの勉強なら
 
自分から進んで学びたい
知りたいとことなので
勉強が苦になりません。
 
それと同じです。
 
キャラクターが何を好きで何を嫌いなのか
その価値観の基準によって
 
行動にかなりのバリエーションが
生まれるんですね。
 

能力

balloons-1615032_960_720
3番目のキャラクターを創作する
ポイントとして挙げられるのは
『能力』です。
 
そのキャラが逆境や絶対絶命のピンチ
といった状況に陥ってたとしても
 
どのような能力やスキルを
キャラクターが持っているかによって
次に起こすアクションや行動が
ずいぶん違ってきます。
 
不良に絡まれたというシチュエーションだとしても
 
プロの格闘技の技を極めている
 
変身してスーパーヒーローになる
アイテムを持っている
 
などの、スキルや能力を持っていると
不良に絡まれても撃退しようとする確率は
高いはずですよね。
 
でも逆に戦えるようなスキルを持っていないと
媚びたり、逃げ出したりすることを
選ぶ確率が高いかもしれませんよね。
 
同じような性格のキャラクターだとしても
持っている能力しだいで
行動の選択に変化が出るんですね。
 
また、この能力というのは
自分自身に備わっている能力じゃなくても
 
外から付加されている能力でも
効果があります。
 
お金持ちの家系
 
強力な助っ人やパートナーがいる
 
などです。
 
これらも大まかにいうと、
そのキャラが持っている
能力やスキルの一部です。
 
お金持ちの例をだすと、
 
何か困難なことが起こっても
お金を使って解決ができることなら
大金をはたいて解決ができるわけです。
 
お金がない貧乏なキャラだと
それはできません。
 
同じように魔法のアイテムを
持っていることなども
スキルの一つです。
 
魔法のアイテムの力によって
問題を解決できる
可能性があるからです。
 
このように、キャラクターが
どのような能力を所持しているかを
具体的に設定しておくことで、
 
キャラクターがより明確になります。
 

欠点・弱点

4つ目のキャラクター作りのポイントが
『欠点・弱点』です。
 
キャラクターを作る初心者が
よくやってしまうことに
自分で創作したキャラクターを
愛するあまり
 
欠点や弱点がない完璧なキャラに
してしまうことがあります。
 
でも実際にはそのような
欠点の一つもないようなキャラは
 
得てして読者にとっては
あまり魅力を感じないキャラに
なりがちです。
 
物語の登場するキャラに
どこかしらの欠点や弱点があるからこそ
 
そのキャラを身近に感じたり、
人間味を感じたりして
好感が持てるわけです。
 
そして、欠点や弱点などの
欠けたるところがあるからこそ
 
悩んだり、問題が起こったりして
キャラクターの奥深さに
繋がっていくわけです。
 
より個性的になるということですね。
 
手っ取り早くキャラクターの個性を
つけたいのなら
 
大きなハンディキャップや弱点を
設定することがお勧めです。
 
欠点をつけることで、
 
その欠点を克服しようとしたり
何とかして弱点を補おうとして
キャラクターが行動を
起こしやすくなります。
 
せっかく作ったお気に入りキャラに
欠点や弱点を付けたくない気持は
わかります。
 
でもそのキャラに弱点や欠点を
付与することにより
 
一気にキャラクターが
存在し生きている感じが
増しますよ。
 
欠点や弱点をつけることで
キャラの魅力が醸し出されてくるから
不思議です。
 
欠点も魅力的なキャラクターの
創作には欠かせない要素の
一つなんですね。
 
欠点や弱点については
キャラ立ち効果バツグン!キャラクターの悪い特徴・欠点30パターン
が一つの参考になります。
 
大きな長所や才能の反対側には
大きな弱点も存在していることが
ほとんどなので、
 
能力やスキルとセットで
欠点と弱点を考えてみると
いいかもしれませんね。
 

まとめ

キャラクターの個性を具体的にする
4つのポイントについて
お伝えしました。
 
魅力的で個性的なキャラクターを
作りたいといっても
 
作るポイントが絞られていなくて
範囲が大きすぎると
どう作っていっていいのか
混乱するので、
 
一つの方法として
キャラ創作の指針にしてみてください。
 
漫画や物語にとっては、
とにかくキャラクターが
一番重要な要素として
挙げられます。
 
面白い漫画ストーリーの第一歩は
魅力的で個性的なキャラクター創作が
必須になります。
 
キャラクターをより個性的で具体的に
イメージできるように
 
いろいろとキャラの設定要素を考えてみてくだい。
 
あなたが思いもよらない
個性的なキャラクターが
誕生するかもしれませんよ☆

sponsored link

down

コメントする




スポンサードリンク

プロフィール

カミムスビ

カミムスビ

ストーリーのアイデアや作り方に興味があります。 漫画のストーリー作りに参考になるネタを創作の研究がてら、漫画・アニメ・ゲームなどから集めています。

人気記事



sponsored link

Facebookページ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.