漫画のネタが思いつかず悩んでいる人に『ストーリーのネタ』では、物語創作のひらめきを得るおすすめの面白いネタを漫画やアニメから集め、感想と共にアイデア・ネタバレ・あらすじとして提供するブログ

面白い漫画ストーリーのネタが思いつかない人、漫画家志望者、忙しくて作品をチェックする時間がない人、創作でスランプ人などに、物語作りの参考に新しいアイデアの素材として使えるおすすめの「あらすじ・オチ・設定・ワンシーン」を漫画・アニメ・ゲームから抽出しネタとして集めて紹介していきます。創作のお供に是非!

「物語のアイデアが浮かばない…」ならば7つの『考える範囲を絞る』方法だ!

time 2016/05/27

 water-lilies-13882442690_960_720
今回は物語のアイデアを出す
方法の一つを紹介します。
 
いざ物語のアイデアや
面白いネタを考え出そうと
意気込んでも、
 
なかなかアイデアがでなくて
苦しんでいる人は多いと思います。
 
「何か、面白いストーリーや
アイデアがないかな?」
 
そうやっているうちに
何時間も過ぎてしまい
アイデア出しの筆が
進まないこともあります。
 
そんな何も思いつかない、
アイデアを創り出すことが
苦手という人にも
使えるアイデア出しの方法です。
 

sponsored link

物語のアイデアを出す範囲を絞る効果

面白いストーリーを作りたいと思い、
いきなり面白いストーリー自体を
捻り出そうとしても出ません。
 
それは、『面白いストーリー』という概念は
 
漠然としすぎているので、
集中して考えるものとしては
イメージやアイデアが
浮かびづらいんです。
 
そんな時は『絞る』ことが効果的です。
 
面白いストーリーというのは
物語の範囲が広すぎて、
 
何でもアイデアが入る変わりに、
逆に広すぎるゆえに
戸惑ってしまうわけです。
 
ストーリーの考える幅をあらかじめ絞って
限定することで、その物語のイメージが具体的になって
出てきやすくなります。
 
では、『絞り』にはどのようなものがあるのでしょうか?
 

7つの範囲で絞る

1:ジャンル

一つ目に物語のジャンルを細かく絞ってみます。
 
恋愛、アクション、スポーツ、SF、探偵もの、
冒険ファンタジー、宇宙、ギャグ、ほのぼの系、
歴史もの、青春もの、不良もの、学園もの
 
などです。
 
細かくジャンルには何があるのかを
参考にしたいなら漫画のジャンルの分類ですが
【漫画のジャンルの種類一覧】 創作に最適なジャンルを知って読者の興味を引く
を見てみてください。

2:キャラクター

どんな人物を登場させて、活躍させたいか
考える範囲を絞ってみます。
 
そのキャラの信念は何か?
 
どのような性格か?
 
外見の特徴は?
 
能力やスキルはどのようなものを持っているか?
 
など、登場させるキャラを具体的にしていきます。
 
もっとキャラクターを個性的で具体的にする方法を
個性的なキャラクター制作講座‐4つのポイントを押さえて独自のキャラを作り出す方法‐
で書いてあるので参考にしてみてください。

3:何をするか

キャラクターは何をしますか?
 
告白する、倒す、調査、体得する、合格する
仲直りする、旅立つ
 
などです。
 

4:キッカケはなにか?

物語が始まるキッカケはなんでしょう?
 
変な生き物に出会う
一目惚れする
魔法のアイテムを手に入れる
敵が現れる
変わった部活に勧誘される
銀河超特急のチケットに当選する
 
などです。
 
ストーリーの冒頭部分に起こるような
ことですね。
 

5:伝えたいテーマやメッセージ

物語を通して、読者にどのような
テーマやメッセージを伝えたいですか?
 
このテーマやメッセージは
主人公が何をするかの行動で伝える
パターンが一般的かもしれません。
 

6:いつ

物語の時代はいつですか?
 
1000年前の過去や現代、
また1000年後の未来では
物語が全然違ってきます。
 
季節や月はいつですか?
春夏秋冬や何月かで
違いが出てきます。
 
時間帯は?
朝と夜中で違ってきます。
 

7:場所

物語の場所はどこですか?
 
教室、他惑星、北海道○○町、
オンラインゲームの中、
イタリアのコロシアム、古城、
天国、地獄、パラレルワールド、
 
などです。
 
物語の舞台が違うことで
全然雰囲気が違うものになります。
 

まとめ

アイデア出しの方法として、
考える範囲を絞る方法を見てみました。
 
広い漠然としたものより、細かくカテゴリーを
絞っていけばいくほど、
 
アイデアが固まってきて具体的になります。
 
これは3つのバラバラのキーワードを
組み合わせて無理やり物語を創り出す
『三題話』と同じ原理です。
 
『三題話』は3つのキーワードという
限定をかけたことにより
 
物語が具体的に浮かび上がってくるんですね。
 
人間の頭脳は不思議なものです。
 
何でも自由で無制限な状態より、
 
細かく範囲を絞って具体的に
していけばいくほど
アイデアが出てきやすくなります。
 
何もアイデアが思い浮かばなくて
困っているなら
 
試しに漠然とした
描きたいもののイメージの幅を
絞ってみてください。
 
描きたい物語の輪郭がハッキリと見えてきますよ☆

sponsored link

down

コメントする




スポンサードリンク

プロフィール

カミムスビ

カミムスビ

ストーリーのアイデアや作り方に興味があります。 漫画のストーリー作りに参考になるネタを創作の研究がてら、漫画・アニメ・ゲームなどから集めています。

人気記事



sponsored link

Facebookページ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.