漫画のネタが思いつかず悩んでいる人に『ストーリーのネタ』では、物語創作のひらめきを得るおすすめの面白いネタを漫画やアニメから集め、感想と共にアイデア・ネタバレ・あらすじとして提供するブログ

面白い漫画ストーリーのネタが思いつかない人、漫画家志望者、忙しくて作品をチェックする時間がない人、創作でスランプ人などに、物語作りの参考に新しいアイデアの素材として使えるおすすめの「あらすじ・オチ・設定・ワンシーン」を漫画・アニメ・ゲームから抽出しネタとして集めて紹介していきます。創作のお供に是非!

『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた』あらすじ・ネタ ええ!?普通の女子高生がローカルアイドルになってしまう

time 2014/12/27

20141227100156

『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた』
から物語のネタになるよう

あらすじをわかりやすく
まとめてみました。

スポンサーリンク

  普通の女子高生がローカルアイドルになってしまう

20141227075106

地方都市に住む
女子高生・宇佐美奈々子は
改装される市民プールに行くために
新しい水着が欲しい。

親にお金をねだるが
却下されてしまう。

20141227075525

学校で友達に手持ちの金額が少なく
水着買えないと報告。

20141227075921

友達と一緒に行く約束してたが
最悪スク水でいくことになりそうで
嫌がる菜々子。

20141227080157

下校時
友達とお店は水着を見に行く。

カワイイ水着を見つけるが
値段が高くて買えない。

20141227080632

友達と別れ
バスで変える途中に
部活してく人達を見て

20141227080647
自分も
「何かやりたいなぁ」
と思う菜々子。

20141227080740

自宅に帰宅すると
市役所に務める叔父さんがいた。

20141227081139

おじさんは様々な地域の名産を作って
街おこしをしようとしているが
あまり上手くいってないらしい。

そんな叔父から提案をうける。

「水着が欲しいんだったら
いいバイトがあるんだけど」

「ホント?どんなバイト?」

「今度の日曜にやる
市民プールのちょっとした
軽いイベントの軽い手伝いなんだ。」

「やる!」

と早く水着が欲しい菜々子は
バイト代を叔父さんに前金で貰い
バイトを引き受けた。

バイト当日は
買った水着を持参してほしいと言う
叔父さん。

20141227082227

何か隠しているっぽい叔父さんであった。

20141227082626

そしてバイト当日

改装された市民プールに
行く菜々子。

20141227082802

「ところで私は今日何をするの?おじさん」

「ステージ上で軽く話たり
歌ったりして盛り上げるんだよ。」

「どゆこと?」焦る菜々子。

「ロコドルって知ってるか?
ローカルアイドルの略なんだけど、
地域密着型ご当地アイドルのことだ。

菜々子にこの地域を盛り上げる
アイドルになって欲しいんだ!」

20141227083813

「・・・ごめん、無理!」

「報酬は渡したぞ。」

「・・・・」

20141227084356

止めに
アイドルに昔は憧れてたじゃないかと
菜々子の小学生の時の夢を書いた作文を
読み上げる叔父さん。

仕方なしに引き受ける菜々子であった。

20141227084553

そして
パートナーのゆかりさんを紹介される。

20141227084815

凄くキレイな人で
気後れするが
サポートしてくれるので
何とかやっていけそう。

出演の準備中に
ゆかりさんにロコドルの仕事
恥ずかしくないかと聞くと。

恥ずかしいけど
地域の為の大切な仕事だから
頑張ってるという言葉を受け
励まされた菜々子。

20141227085939

そして
準備が整い
いざ本番。

観衆の前で自己紹介をする。

20141227090723

「宇佐美にゃにゃ…菜々子です。」
・・・が
緊張して噛んでしまう。

ゆるーい漫才みたいな
2人のやりとりに
観客の反応もビミョーな空気が漂う。

20141227091028

ミス連発の菜々子は
更に転んでしまいピンチ、
心が折れそうになってしまう。

20141227091316

その時
ゆかりさんが地域ソングを歌い
場を繋ぐ努力をしてくれる。

20141227091345

その姿に勇気を貰う菜々子。

20141227091759

2人で一緒に地域をングを歌う。

20141227092206

その姿に観客も次第に盛り上がってくる。

20141227092226

何とか無事にステージを終える。

ホッとする2人。

20141227092724

また
ロコドルの仕事をやってもいいかなと
思う菜々子であった・・・

20141227092738

「ハッ!」
と目覚めると

20141227092745

そこは自宅の部屋だった。

「なんだ夢かぁ、そりゃそうだよね
私がアイドルなんてやれるはずがない。」

20141227093436

そして
登校するため歩いていると
途中にある店のテレビに

 

20141227093445

なんと
昨日の自分が出演してた
イベントのシーンが写っていた。

夢じゃない!

20141227093510

ビックリして
走り出した菜々子は人とぶつかる。

20141227093528

その人はゆかりさんだった。

ゆかりさんは同じ学校の制服を着ていた。
どうやら学校の先輩だったみたい。

「これからも一緒に仕事やるの
よろしくね奈々ちゃん。」

「はい、よろしくお願いします!」

20141227093937

菜々子はロコドルを仕事として
頑張っていく決意をしたのでした。

感想

普通の女子高生が
ローカルアイドルとして仕事を
していこうとする
過程が面白く丁寧に描かれています。

地方のゆるーい空気感が
感じられて
その場に行った気になれる作品ですね。

そういうアニメって
なかなかないので
気に入っています。

一般人がある日突然
違う環境に遭遇するストーリーは
手に汗握れるので大好物です。

物語パターン

お金が欲しい

ロコドルの依頼。

ミスや失敗しながらも何とかやり遂げる。

ロコドルを仕事としてやっていく決意。

アイデア

一般の女子高生が
いきなりローカルのアイドルになる

スポンサードリンク

スポンサーリンク

down

コメントする




スポンサーリンク

プロフィール

カミムスビ

カミムスビ

ストーリーのアイデアや作り方に興味があります。 漫画のストーリー作りに参考になるネタを創作の研究がてら、漫画・アニメ・ゲームなどから集めています。

人気記事


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.