超展開ネタ

『名探偵コナン』あらすじ・ネタ 敵に薬を飲まされ体が子供になってしまう

『名探偵コナン』から物語のネタを紹介します。

スポンサーリンク

敵に薬を飲まされ体が子供になってしまう

天才的な頭脳を持ち難事件を解決する
高校性名探偵の

工藤新一(くどう しんいち)は

幼なじみと遊園地へ遊びに行った時に
謎の組織の取引現場を目撃する。

 

20150125085854

 

現場を観察していた新一の背後から
組織のメンバーの黒服の男に
殴られ気絶してしまい、

組織が新しく開発した
死体から毒が検出されない
試作品の毒薬を飲まされてしまう。

20150125090008

すると組織も感知していない副作用で
頭脳を除いた全ての細胞が退行し、
子供の姿になってしまう。

自分が生きていること組織にわかると、
周囲の人達に危害が及ぶと考え

正体を隠し
知り合いの阿笠博士の家に住み込み
江戸川コナンと名を変えて生活し
謎の組織を追う。

アイデア・売り

子供の名探偵(頭脳は大人)

物語パターン

天才性を発揮していたキャラがハンデを背負ってしまう

逆境を乗り越え元の状態に戻ろうと努力する

感想

主人公が毒薬の副作用で

子供ななってしまい
正体も隠して生活しなけてばいけないという

逆境に陥ってしまいます。

ハンデを抱えつつ
大きな悪の組織に立ち向かう
という展開は

読者の共感を得られやすい
物語の構造ですね。

話のネタとして

ある分野の達人が
初心者レベルまで戻ってしまい

再び達人以上のレベルまで
カムバックするという
ストーリーに使えそうです。

ハンデを乗り越えるストーリーは
応援したくなりますね。

ABOUT ME
カミムスビ
ストーリーがあるモノなら なんでも好き。 マンガのストーリー作りに 参考になるネタを 創作の研究がてら 漫画・アニメ・ゲームなどから 集めています。 作品のひらめき、キッカケを 得られるような情報を 発信していきます。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.