ストーリー展開(あらすじ)

『海がきこえる』あらすじ 同窓会に出るため帰省中にヒロインとの思い出を振り返っていく

スポンサーリンク

『海がきこえる』のストーリーはじまり

都会の大学に入学した主人公は
駅のホームで
高校の同級生のヒロインに
似た人物を見かけた。

その後
はじめての夏休みに
同窓会のために
故郷へと帰省する道中

高校時代のヒロインとの
出会いから別れまでを
思い出していく。

物語パターン

都会にいるはずがない
ヒロインをを偶然見かける

高校時代の
ヒロインとの思い出を
振り返る

ヒロインと主人公は
両思いだったが
当時はすれ違っていたことが
わかる

都会で再会する2人。

感想

青春モノのストーリーを
描こうとしている人は
見ておいて損はない名作です。

キレイに物語がまとまっているので
ストーリーの構成も
手本になる作品かと思います。

ABOUT ME
カミムスビ
ストーリーがあるモノなら なんでも好き。 マンガのストーリー作りに 参考になるネタを 創作の研究がてら 漫画・アニメ・ゲームなどから 集めています。 作品のひらめき、キッカケを 得られるような情報を 発信していきます。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.