漫画のネタが思いつかず悩んでいる人に『ストーリーのネタ』では、物語創作のひらめきを得るおすすめの面白いネタを漫画やアニメから集め、感想と共にアイデア・ネタバレ・あらすじとして提供するブログ

面白い漫画ストーリーのネタが思いつかない人、漫画家志望者、忙しくて作品をチェックする時間がない人、創作でスランプ人などに、物語作りの参考に新しいアイデアの素材として使えるおすすめの「あらすじ・オチ・設定・ワンシーン」を漫画・アニメ・ゲームから抽出しネタとして集めて紹介していきます。創作のお供に是非!

【おすすめ25選】サッカー漫画のあらすじ&無料1話試し読み

time 2016/04/05

em-14447022_960_720
サッカーを扱った物語を見たい人や
 
サッカー漫画を作ってみたい人のネタに
 
どのようなサッカー漫画があるのかを
紹介します。
 
物語作りのエピソードの参考や
アイデアのきっかけになれば幸いです。
 
スポンサーリンク

サッカー漫画

アオアシ

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。

粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、
まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――

そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」の
ユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。

アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、
東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?

将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、
ここから急速に回り始める!!

(スピネットより)
 
一話試し読み⇒ http://sokuyomi.jp/product/aoasi_001/CO/1/
 
BE BLUES!~青になれ~

天才と呼ばれたサッカー少年がアクシデントにより
手足と腰椎の骨折という重傷を負い競技生活はもとより
普通の生活を送ることも疑問視される中で、
 
困難な状況を乗り越えてサッカー選手として
復活する姿が描かれている
(wikipediaより)
 
一話試し読み⇒ http://club.shogakukan.co.jp/book/detail-book/book_group_id/68/
 
GIANT KILLING

リーグジャパンフットボール1部所属のプロサッカーチーム・ETUは、かつては日本代表のスター選手・達海猛を擁する人気チームだった。しかし達海がプレミアリーグに移籍すると人気も実力も一気に低迷し2部へ陥落、達海自身もプレミアデビュー戦で再起不能の重傷を負って引退し、そのまま消息を絶ってしまう。それから10年、1部リーグへは返り咲いたものの毎年残留争いを繰り広げる弱小球団となったETUは、起死回生の策として達海を監督に迎えることを決定。行方を捜してイギリスの地方都市を訪れると、達海は地元のアマチュアクラブの指導者となり、チームをFAカップでベスト32に導く快挙を達成していた。惜しくもプロのトップチームに敗れベスト16を逃したその夜、クラブの会長は達海が、現役時代からの行動原理だった“GIANT KILLING”を監督として故国で成し遂げたがっていると気付き、達海を手離すことを決意。達海は地元のファンに惜しまれながらイギリスを離れ、10年ぶりに日本へ帰国した。
 
かつてのチーム離脱の経緯のためサポーターに憎まれ、突飛な方針を打ち出してキャプテン村越らベテラン・中堅選手から反発を受けながらも、やがて達海監督を中心にETUを取り巻く環境は大きく変化。最初こそ連敗続きだったチームも、選手の意識の変化や椿ら若手の成長によって大きく実力をつけ、上位争いに食い込むようになる。そして、10年前の名GMだった笠野の地元復帰、サポーターとフロント、新旧サポーター同士の衝突と和解、達海の現役復帰宣言、椿と夏木の日本代表抜擢など数々の事件を経て、ETUは優勝を目指してリーグ後半戦に突入する。
(wikipediaより)
一話試し読み⇒ https://comic.pixiv.net/works/226
 
1/11(じゅういちぶんのいち)

安藤ソラは自分の才能に限界を感じたことから、中学卒業と共にサッカーを辞め、高校は勉強に専念するつもりでいた。部の引退試合を控えていた彼の前に女子日本代表・若宮四季が突然現れる。彼女はソラにさまざまなアドバイスを残し、試合で躍動する彼の姿を見届け去っていく。引退試合からの帰宅後、四季の死と彼女の過去にまつわる衝撃の事実を知り、ソラはサッカーの再開を決意する。ソラは、進学先の進学校・修学院高校でサッカー部を設立し盛り上げようと奮闘。そして、そんなソラの姿勢が、周囲の人物にも影響を与えていく。校門でサッカー部への入部を呼びかけているソラの姿に心を動かされ篠森 仁菜がマネージャーとして、続いて越川 凜哉がサッカー部に入部する。
(wikipediaより)
一話試し読み⇒ http://sokuyomi.jp/product/juuitibunn_001/CO/1
 
フットボールネーション

「脚のきれいな選手求む!!」という奇妙な選手募集広告を出す東京クルセイドの取材に出かけた女性カメラマン・緒形紫は、そこで恐るべきサッカーセンスを持つ一人の少年・沖千尋に出会う。本気で天皇杯を獲りに行くと宣言する東京クルセイドの監督と、複雑な過去を持つ沖は互いに惹かれ合い、天皇杯本選に向けての道を歩み始めた。
 
沖 千尋(おき ちひろ)
本作の主人公。ポジションはボランチ。4歳から15歳まで横浜ユナイテッドジュニアユースに所属し、同ポジションの一ノ瀬とはライバルでもあり親友でもあった。高校入学後には父親の意向でサッカーを止めさせられていた。高校一年時に誤って人を刺してしまった一ノ瀬を庇い、自らが罪を被り少年院に入所。出所後は自宅に戻らず、居候やネカフェ生活をしながら都内の河川敷チームの有料助っ人でサッカーを続けており、いつしか知る人の間では「ジョーカー」と呼ばれていた。ある日、助っ人としてプレイしていたところを高橋にスカウトされ、暫くしてから東京クルセイドに加入することになった。
(wikipediaより)
 一話試し読み⇒ http://big-3.jp/bigsuperior/rensai/football/
 
ANGEL VOICE

千葉県、市立蘭山高校、通称「市蘭」。
ここのサッカー部は「県内最強軍団」と呼ばれていた…。
ただし、それはケンカでの話であり、荒廃したサッカー部を立て直すためにスカウトされた黒木は、「中学最強」(ただしケンカで)の4人を軸にチームを再生しようとする。
そんなチームは冬の選手権県予選で、高校サッカー激戦区の千葉県にあって、ベスト4入りを逃すと廃部という条件を突きつけられてしまう…。
(wikipediaより)
一話試し読み⇒ http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-103577/
 
DAYS

中学校ではいじめられっ子だった柄本つくしは、高校入学前に同い年のサッカーの天才・風間陣と偶然知り合い、フットサルの誘いを受ける。フットサルの試合にでた柄本は、下手なりに必死に走ってゴールを奪う。その後風間も柄本と同じ聖蹟高校の生徒だったことがわかる。サッカー初心者の柄本がサッカー名門高校でチームメイトと共に成長していく。
(wikipediaより)
一話試し読み⇒ http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-247684/
 
龍時

全国的に無名だったサッカー少年の志野リュウジ。中学時代の活躍でU-16の代表候補に選ばれたことが縁で、U-17スペイン代表との対戦のために日本選抜の一員に選ばれる。そこで世界を目の当たりにしたリュウジは、その試合を見ていたリーガ・エスパニョーラのアトランティコFCの会長に評価され、その下部組織のシティオ・アトランティコへの誘いを受けて単身スペインへ旅立つ。
(wikipediaより)
一話試し読み⇒ http://www.s-manga.net/book/4-08-859583-1.html
 
ぼくらのカプトン

スポーツ漫画であるにもかかわらず部活動や試合のシーンが少なく、部員達の会話や、部活中の何気ない出来事などが中心となっている。作者のあずまは「サッカー漫画という意識はなく、描きたいことは部活で過ごす日常であり、更に視点を広げれば体育会系の男臭い世界」としている。
作品を始めるうえで三島衛里子の野球漫画『高校球児ザワさん』に影響を受けたと言い、試行錯誤の末に「オチのある『ザワさん』」の作風にたどり着いたという。
なお、作者自身は高校時代には少林寺拳法部に所属しておりサッカーの知識は少ない。作品内のエピソードの多くはその当時の経験をサッカーに置き換えたものや、担当編集との打ち合わせの際に繰り出される学生時代の思い出話がヒントとなっていると語っている。
 
あらすじ
サッカー部の三年生の引退により、新たな主将として選ばれた柴田将一。責任感の強い彼は、チームを強化すべく、厳しい練習を部員達に強要するようになる。
(wikipediaより)
 一話試し読み⇒ http://sokuyomi.jp/product/bokuranoka_001/CO/1
 
LOST MAN

記憶喪失の日本人と思しきプロサッカー選手・マツモトと、マツモトの能力を活かしてサッカービジネスのマネジメントをする代理人・サカザキが、行く先々のサッカークラブにビジネスを持ちかけ、マツモトの能力でクラブに貢献するというのが大まかなストーリー。
単なるサッカープレーだけでなく、その裏には大手企業による弱小クラブ潰し、伯爵家の跡継ぎを巡る殺人事件などの背景があり、物語に深みを与えている。
(wikipediaより)
一話試し読み⇒ https://csbs.shogakukan.co.jp/book/detail-volume?comic_id=3263
 
ファンタジスタ

九州の孤島で1人サッカーの練習をしていた少年、坂本轍平は高校サッカー部の監督をしている姉の琴音を頼って上京し、水本高校へ転校してくる。間もなく合流して試合に出場したてっぺいは幼馴染みの森川竜司が率いる帝東高校との試合でトリッキーなプレイを魅せ、視察に来ていたACミランのスカウトを虜にしてしまう。てっぺいはライバルたちとめぐり合う中、ファンタジスタとして成長して世界に羽ばたいていく。
(wikipediaより)
 一話試し読み⇒ http://sokuyomi.jp/product/fantazisut_001/CO/1
 
ホイッスル!

主人公、風祭将は、サッカーが大好きな中学生。夢はJリーガーとなり、世界でプレーすること。元はサッカーの名門校である武蔵森学園に通っていたが、そこでは3軍の選手であった。
武蔵森のサッカーのやり方に不満を感じた風祭将は武蔵森を退学、楽しいサッカーをやりたい一心で桜上水中学に転校するが、武蔵森からエースが来たと誤解され、皆の前から姿を消す。
実は風祭将はサッカーがあまり上手くなく、小柄であったため、武蔵森では活躍できる場がなかったのだ。
しかし、桜上水中学の水野やシゲ、不破といった仲間たちやライバルたちと戦うにつれ、次第にサッカー選手としても人間としても成長を遂げていく。
(wikipediaより)
 一話試し読み⇒ http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-181286/
 
エリアの騎士

鎌倉学館中等部サッカー部主将・逢沢 傑はU-15日本代表の10番を背負う。その弟・逢沢 駆は世界を舞台に活躍する兄の姿に心を躍らす。
しかし、駆は選手としての自信を失い、兄と同じサッカー部でマネージャーとして働きながらプレーへの想いに胸を焦がす日々を送っていた。傑は弟のそんな姿を胸の中で見守り続けていた。
そうした中、中学校全国大会への予選が間近に迫ろうとしていたある日、かつての幼馴染・美島 奈々が鎌倉学館にやってきた!?
(wikipediaより)
 一話試し読み⇒ http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-108719/
 
シュート!

物語の前年、1年生ばかりの掛川高校サッカー部は藤田東高校を破り、その中心選手で事実上監督も兼ねていた久保嘉晴はすでに伝説的な扱いを受けていた。
田仲俊彦は久保に憧れて掛川高校へと進学しサッカー部へ入部、時を同じくして遠藤一美はマネージャーとなる。田仲とともに「掛西中トリオ」と呼ばれていた平松和広と白石健二も掛川高校へと進学していたが、それぞれの事情によりサッカー部には入部しなかった。神谷篤司をはじめとする2年生は「1年生は夏のインターハイ予選に出さない」と宣告すると、不公平に感じた1年生は2年生に紅白戦を挑んだ。戦力差は明らかであったが、平松・白石の途中加入により2年生チーム1点リードの接線で終盤を迎える。終了直前に掛西中トリオが必殺の「トリプルカウンターアタック」を仕掛けたが、神谷に防がれてそのまま試合を終えた。この結果により実力を認め、1年生の試合起用を約束する。
(wikipediaより)
 一話試し読み⇒ https://comic.k-manga.jp/title/18014/pv
 
俺たちのフィールド

サッカー好きの少年・高杉和也は、日本リーグのスター選手である父・貫一と、いつか国立競技場で一緒にプレーすることを夢見ながら、幼馴染の森口愛子や転校生の騎場拓馬と共に、少年クラブでサッカーに打ち込んでいた。だが貫一が交通事故によって、帰らぬ人となると和也は父を失った失意からサッカーを止めてしまう。しかし高校2年になったある日、和也の前に一人の男が現れた事で再びサッカーを対峙する事となる。
(wikipediaより)
 一話試し読み⇒ http://sokuyomi.jp/product/oretatinof_001/CO/1/
 
オフサイド

中学生の熊谷五郎は恵まれた体躯とセンスを持つゴールキーパーだが、中学校のサッカー部は万年初戦敗退の弱小校で脚光を浴びる事はなかった。
高校受験を迎えた五郎は、「五郎ちゃんはもっと評価されるべき」と言う幼馴染の渚の勧めもあり、文武両道を掲げるサッカーの名門、横浜南高校(通称・ヨコナン)に共に入学を目指すが、受験日当日に渚と試験会場に向かう途中渚が交通事故に遭い、五郎は救急車に同乗し病院まで付き添ったために試験を受ける事ができず。二次募集でヨコナンの向かいにある私立川崎高校(川高)への入学することになった。しかし、そこにはかつて中学生の最後の練習試合で五郎と死闘を演じた薬丸、シンゴの両名がいたのだった。
五郎、薬丸、シンゴの3人は、「打倒ヨコナン」と「全国大会出場」を目指して仲間と共に成長して行く。そして、後にキーパーからフィールドプレーヤーへ転向した五郎は、世界へ通用する選手としての道を歩む事になる。
(wikipediaより)
 一話試し読み⇒ http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-548960/
 
さよならフットボール

藤第一中学校サッカー部の恩田希は優れたボールテクニックの持ち主だが、女の子であるため男子サッカー部の公式戦に出場することが出来ない。そんなある日、街中で再会を果たした幼馴染のナメックから「サッカーはフィジカルだ。女のお前に何が出来る」と挑発されたことをきっかけに彼に一泡吹かせるために男子サッカー公式戦に出場することを決意し、弟と無理やり入れ替わる形で公式戦に出場する。
(wikipediaより)
 一話試し読み⇒ http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-389581/
 
YATAGARASU

蒼き原石たちは日本代表を目指し、未来への挑戦者となる!  ──僕だって小野や稲本になれる! 小6の茂木但馬(もぎたじま)と江守一也(えもりかずま)は、クラブチームから有望選手を選抜する育成システム“トレセン”を目標に、日夜練習に励む!
 
 一話試し読み⇒ http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-389623/
 
修羅の門異伝 ふでかげ

小早川拳将は、幼馴染の後藤さつかと、サッカーの師匠である今は亡きさつかの父との約束を果たすために、ブラジルから帰国してきた。
 
「帰国子女枠」でさつかと同じ浮城学園に入学し、サッカー部の入部テストを受けるが、さつかの父に教えられた「楽しいサッカー」を理想とする拳将はボールも触らせず走りのタイムだけで選手を選別する監督と対立し、合格しながらも入部を辞退する。
しかし、さつかの父との「国立へ行く」という約束を守るために、「草チームによる天皇杯」で国立に行く事を思い立ち「三原FCふでかげ」を立ち上げる。
 
元プロ選手の陶秀行を監督にスカウトしたのを皮切りに、浮城学園のサッカー部からはみ出した者、元実業団サッカー選手など一癖も二癖もあるメンバーを集め、三原FCふでかげは天皇杯広島県予選、決勝トーナメントに挑む。
(wikipediaより)
一話試し読み⇒ http://www.gmaga.co/comics_end/shuramon_fudekage/
 
夕空のクライフイズム

木登学園高校サッカー部2年生の今中はドリブルを得意とする選手だが、監督の茂木からはドリブルを否定され確実性のあるプレーを要求されている。
他の部員も結果のためと割り切りつつも指導方針に疑問を抱いていたが、3年生が引退し新チームが始動しようとする矢先に茂木は他校の監督として引き抜かれる。
代わりに今中らを中等部時代に指導していた雨宮が監督となるが、就任に際し「高校最後の試合で、観客を魅了する美しいサッカーをして美しく敗れよう」と提唱する。
新たな方針に当惑する部員たちだが、監督の娘でテクニカルコーチを務める雨ちゃんも加わり、チーム内に徐々に変化が生じていく。
(wikipediaより)
 一話試し読み⇒ http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-346804/
 
LIGHT WING

サッカーで日本一を目指す少年・天谷吏人は強豪校私立帝条高校に入学したつもりが、間違えて弱小校市立帝条高校に入学してしまう。そこで同じ新入生の及川累次と出会い、共にサッカー部に入部する。しかし、部の先輩たちは、度重なる試合での連戦連敗のゆえにやる気を失っており、及川のサッカーへの思いをバカにした。それに激高した吏人は先輩たちにサッカーで勝負を挑み圧勝する。その後、吏人の影響でやる気を取り戻したキャプテンの佐治雪哉は、吏人にキャプテンの座を譲り、吏人は市立帝条を「今年」日本一にするために激しい練習メニューを組む。その結果、多くの部員たちは辞めていった。
(wikipediaより)
一話試し読み⇒ http://sokuyomi.jp/product/raitouingu_001/CO/1
 
蹴球少女

榊原優希は熱血蹴球少年。志望の栖鳳学園高校に入学したが、肝心のサッカー部はトンデモ女・藤咲鈴に乗っ取られ解体されていた。女子3人しかいないサッカー部に強制入部させられて落ち込む優希。だが、幼馴染みの進一やみゆきのいる龍洞高校との試合が決まったことで発奮、不戦敗を避けるために部員集めに奔走し始めるのだが……。
一話試し読み⇒ http://www.moae.jp/comic/shukyushojo/1
 
U-31

1996年のアトランタオリンピックで日本代表のFWとして活躍、その後Jリーグの東京ヴィクトリーのMFとしてレギュラーを守ってきた主人公の河野敦彦。しかし往年の輝きは失せ、2002年W杯で世間が盛り上がる中、チームから事実上の戦力外通告を受ける。
そこへ舞い込んだのが古巣であるジェム市原からのオファー。5年ぶりに古巣に戻った河野は一から体を作り直しレギュラー奪取、そして日本代表への復帰を目指す。
(wikipediaより)
一話試し読み⇒ http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-543859/
 
サッカーの憂鬱 裏方イレブン

今や国民的関心事となったサッカー。華やかな舞台に立ち、スポットライトを浴びる選手たち。テレビや新聞などのメディアは、こぞって彼らの活躍を報道する。しかし、その選手たちの活躍の陰には、必ず選手たちを支える裏方さんの努力があった――! ドクター、実況アナ、審判、通訳にクラブ広報など、「裏方の仕事」に情熱を燃やす、11人の物語!
 (wikipediaより)
一話試し読み⇒ http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-193268/
 
キャプテン翼

南葛小に転入した天才サッカー少年・大空翼は修哲小の天才キーパー・若林源三と出会う。二人は両校の対抗戦において勝負を決することになり、翼は石崎了と共にプロ選手のロベルト本郷から指導を受ける。試合は南葛が強豪の修哲を相手に粘り強い攻防を繰り広げ延長戦に持ち込むと、転校生の岬太郎も加わり引き分ける。試合後、翼はロベルトから勧誘を受けブラジルへの留学を決心すると、その条件として全国大会優勝を誓う。
(wikipediaより)
 一話試し読み⇒ http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-127691/
 

まとめ

サッカーを扱った作品として
どのようなものがあるのか、
 
またアイデアとして
参考になるかもしれない
サッカー漫画を紹介しました。
 
作品を見比べて見ると
サッカー漫画の表現や
面白さの違いとかも
わかってくるかもしれません。
 
それを知ったうえで自分オリジナルの
アイデアを付け加えることで
新しいコンセプトの物語が
生まれると思います。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

down

コメントする




スポンサーリンク

プロフィール

カミムスビ

カミムスビ

ストーリーのアイデアや作り方に興味があります。 漫画のストーリー作りに参考になるネタを創作の研究がてら、漫画・アニメ・ゲームなどから集めています。

人気記事


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.