漫画のネタが思いつかず悩んでいる人に『ストーリーのネタ』では、物語創作のひらめきを得るおすすめの面白いネタを漫画やアニメから集め、感想と共にアイデア・ネタバレ・あらすじとして提供するブログ

面白い漫画ストーリーのネタが思いつかない人、漫画家志望者、忙しくて作品をチェックする時間がない人、創作でスランプ人などに、物語作りの参考に新しいアイデアの素材として使えるおすすめの「あらすじ・オチ・設定・ワンシーン」を漫画・アニメ・ゲームから抽出しネタとして集めて紹介していきます。創作のお供に是非!

神話から面白い物語の法則!『ヒーローズジャーニー(英雄の旅)』の12のストーリーステップ

time 2016/04/29

fantasy-12841809_960_720
英雄の旅(ヒーローズ・ジャーニー)とは
アメリカの神話研究者のジョセフ・キャンベルが
世界にある神話や伝説を研究して発見した、
物語のパターンです。
 
神話や伝説の中でも物語の構造を
12のステージに分類してみたものです。
 
神話や伝説に見られるこの物語の原型は
多くの人の潜在意識レベルで
刻みこまれているので、
 
この12の段階に沿った物語は
多くの人々に面白さや感動を与えられる
ストーリーの雛形の一つです。
 
そこで英雄の旅のストーリーパターンは
どのようなステップで展開していくのかを
紹介します。
 
ストーリーのパターンとして
物語の創造をするのに
わかりやすいようにある程度
アレンジさせてもらいました。
 

sponsored link

『英雄の旅(ヒーローズ・ジャーニー)』‐物語の12のステップ

1:日常世界

主人公の日常描写から始まる。
 
主人公はその世界や場所に
馴染めなかったり、
環境とのジレンマや問題を
抱えていて、
 
読者に共感できるような
エピソードとして紹介される。
 
主人公の人生には何らかの
対立図式が存在する。
 
その対立や葛藤が主人公を
新たな方向へ引っ張っていく。
 

2:冒険への誘い

外部からキッカケを与えられる。
 
もしくは自分の内部から
生じた思いが状況に変化を与える。
 
主人公は挑戦や冒険などの
変化の始まりに直面させられる。
 

3:冒険の拒否

未知なるものに恐怖を感じる。
 
主人公は冒険や新しい一歩を
拒否して一時的に逃れようとする。
 
変化を拒み現状のままでいようとする。
 

4:賢者との出会い

主人公は賢者や導き手と出会い、
必要な知恵や助言を受ける。
 
冒険に必要なアイテムや
スキルを習得する訓練を受ける
パターンもある。
 
または、主人公自身が
内面を見つめて
勇気や知恵を発見する。
 
この出会いやキッカケを得て
新しい冒険へ旅立つ決意をする。
 

5:戸口の通過

主人公は日常の世界を旅立ち、
別の価値観や常識が存在する
新しい環境に入っていく。
 
新しい局面へ冒険がはじまる。
 

6:試練、仲間、敵

主人公が新たな環境で
試練や障害に遭遇する。
 
また仲間や敵との出会う。
 
主人公は様々な障害や試練を
乗り越えて成長していく。
 

7:最も危険な場所への接近

冒険の目的を達成するためには
最も危険な場所に行かないと
ならないということがわかる。
 
主人公や仲間は最大の試練に
向けての準備をする。
 

8:最大の試練

主人公は最も危険な場所で
最大の試練に立ち向かう。
 
絶体絶命のピンチに陥り、
死に直面する。
 
死の瀬戸際から復活し
試練に打ち勝つ。
 

9:報酬

主人公は試練に打ち勝った
対価として報酬や宝を
手に入れる。
 

10:帰路

主人公は特別な世界での
冒険を終えて故郷に引き返す。
 
ここで危険な場所からの
逃亡劇になるパターンも多い。
 
倒したはずの敵の反撃
仲間の裏切りなどに
遭遇することもある。
 

11:復活

主人公は再び困難や
障害に遭遇する。
 
再び犠牲や代償を払って
逆境から真の再生・復活を果たす。
 
主人公は新たな自分へ生まれ変わる。
 
物語の始まりからあった
問題や対立がようやく
解消される。
 

12:宝を持っても帰還

主人公は成長をとげて、
宝を持って故郷に帰還する。
 
民衆に認められて、
名声や名誉を受ける。
 
そのまま冒険を続けていく
パターンもある。
 

まとめ

神話における
英雄の旅(ヒーローズ・ジャーニー)の
ストーリーパターンを見てみました。
 
まとめると、
 
1:『日常世界』で、主人公の日常や問題を示す
 
2:『冒険への誘い』で、変化へのキッカケを与えられる
 
3:『冒険の拒否』で、変化のキッカケを拒否する
 
4:『賢者との出会い』で、助言・助力を得て旅立つ決意
 
5:『戸口の通過』で、新しい世界に出発する
 
6:『試練、仲間、敵』で、様々な試練や出会い
 
7:『最も危険な場所への接近』で、最大の試練の発見やその準備
 
8:『最大の試練』で、ピンチに陥るが試練に打ち勝つ
 
9:『報酬』で、報酬や宝を手に入れる
 
10:『帰路』で、故郷への帰路につく、再びピンチに陥る
 
11『復活』で、試練を乗り越えて新しいレベルの自分に生まれ変わる
 
12:『宝を持って帰還』で、主人公は帰還し名誉や恩恵を受ける
 
このようなパターンです。
 
英雄の旅のストーリーパターンは
映画の世界では凄く
よく使われていたりします。
 
それほどこのストーリーのパターンの
影響力が凄いということですね。
 
創っている物語で
どこか面白みの不足や
物足りなさを感じているなら
 
このパターンは、
どこに問題があるのかを
分析できる道具にもなります。
 
この英雄の旅の
ストーリーパターンですが、
 
存在する人類のあらゆる問題を
解決する物語の展開にも
応用が可能なパターンだと思います。
 
神話ではこのようなパターンが
繰り返し登場し
長年伝わって人類に影響を
与えているわけですから
 
使い勝手が良くないわけはありません。
 
このままの12の物語のステージを
そのまま利用してもいいですが、
 
その場合は同じような物語の展開に
なってしまいマンネリ化する
場合もあると思います。
 
そういう時は
あなたのひらめきや
物語の必要に応じて
 
順序を入れ替えたり
幾つかの展開を削除し
 
アレンジして使っていけば
いいと思います。
 
物語の骨格や流れをキチンと把握して
 
この物語のパターンの有効性を
失わないようにアレンジすることで、
 
無限のバリエーションが生まれるはずです。
 
ストーリーを創る土台や基礎として
参考にしてみてください☆

sponsored link

down

コメントする




スポンサードリンク

プロフィール

カミムスビ

カミムスビ

ストーリーのアイデアや作り方に興味があります。 漫画のストーリー作りに参考になるネタを創作の研究がてら、漫画・アニメ・ゲームなどから集めています。

人気記事



sponsored link

Facebookページ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.