漫画のネタが思いつかず悩んでいる人に『ストーリーのネタ』では、物語創作のひらめきを得るおすすめの面白いネタを漫画やアニメから集め、感想と共にアイデア・ネタバレ・あらすじとして提供するブログ

面白い漫画ストーリーのネタが思いつかない人、漫画家志望者、忙しくて作品をチェックする時間がない人、創作でスランプ人などに、物語作りの参考に新しいアイデアの素材として使えるおすすめの「あらすじ・オチ・設定・ワンシーン」を漫画・アニメ・ゲームから抽出しネタとして集めて紹介していきます。創作のお供に是非!

漫画・物語のキャラクターパターン『創り出したものに反逆する』キャラ

time 2015/10/31

fountain-233517_640
 
今回のキャラクター作りに使える
キャラのパターンは
 
『創り出したものに反逆する』キャラ
 
です。
 

sponsored link

『創り出したものに反逆する』キャラクターパターン

 
自分を創り出したものを
倒そうとする
キャラのパターンです。
 
自分を創り出した対象は、
 
神々
国家
科学者
異形の存在
 
など様々ものが考えられます。
 
そして作り出された
存在の種類も
 
人造人間
ロボット
怪物
半妖
暗殺者
 
など、これも組み合わせ方しだいで
無限にパターンが考えられます。
 
このキャラのタイプは
往々にして、
 
自分が創り出されたことに対する
恨みや怒りやフラストレーションが
行動の動機になります。
 
そのほかの動機として、
 
創り出したる存在を超えたいという
向上心や成長欲という
場合もあります。
 
いずれにしろ、
 
創造者に挑もうとする
その動機によって
そのキャラクターの性格も
様々に変わってきます。
 
このキャラクターパターンの例としては
 
科学者に作り出された
改造人間や怪物
 
人間に反旗を翻した
自我を持ったロボットや
アンドロイド
 
異形の者と人間の
ハーフとして生まれた
半妖怪や半宇宙人
 
などが挙げられます。
 
『創り出したものに反逆する』キャラは
 
自分がこの世の存在する理由を
証明するために
 
親たる存在に挑もうとしている
とも言えますね。
 

まとめ

『創り出したものに反逆する』
キャラクターパターンを
見てみました。
 
このパターンのキャラは
自分の存在自体に対する
葛藤があるので、
 
目的に向かうパワーが
強くなる傾向があります。
 
主人公キャラに設定すると
影を背負ったようなキャラ
 
敵キャラに設定すると
人類に敵対するキャラ
 
などに使うと相性が良さそうです。
 
世界の神話でも
親殺しのエピソードが
多々あるので、
 
人間にとって親に挑む形の物語は
普遍性があるのかもしれませんね☆

sponsored link

down

コメントする




スポンサードリンク

プロフィール

カミムスビ

カミムスビ

ストーリーのアイデアや作り方に興味があります。 漫画のストーリー作りに参考になるネタを創作の研究がてら、漫画・アニメ・ゲームなどから集めています。

人気記事



sponsored link

Facebookページ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.