漫画のネタが思いつかず悩んでいる人に『ストーリーのネタ』では、物語創作のひらめきを得るおすすめの面白いネタを漫画やアニメから集め、感想と共にアイデア・ネタバレ・あらすじとして提供するブログ

面白い漫画ストーリーのネタが思いつかない人、漫画家志望者、忙しくて作品をチェックする時間がない人、創作でスランプ人などに、物語作りの参考に新しいアイデアの素材として使えるおすすめの「あらすじ・オチ・設定・ワンシーン」を漫画・アニメ・ゲームから抽出しネタとして集めて紹介していきます。創作のお供に是非!

【次にくるマンガ大賞2015】の『webマンガ部門トップ10』を紹介

time 2015/05/18

nat12_se02500-thumb-815xauto-2761
 
次にくるマンガ大賞2015の
webマンガ部門のトップ10作品を
紹介します。
 
このランキングは雑誌「ダ・ヴィンチ」に
発表されていたランキングです。
 
マンガも今はWebやアプリで見られる時代です。
 
インディーズ作品でも
様々な媒体で発表され、
 
Webで人気が出ている作品もあるようです。
 
人気のWebマンガの魅力と
表現方法をチェックしておくことは
 
自身の創作においても役立つと思います。
 

sponsored link

webマンガ部門トップ10

 
1位『ヲタクに恋は難しい』 著:ふじた
 
2位『ウッドブック』 著:鴻池 剛
 
3位『恋と嘘』 著:ムサヲ
 
4位『九十九の満月』 著:小雨大豆
 
5位『失格人間ハイジ』 著:野中かをる
 
6位『もののけ荘のニートども』 著:U-temo
 
7位『武蔵くんと村山さんは付き合ってみた。』 著:なるあすく
 
8位『ACARIA 』著:N-nanaki
 
9位『カフェちゃんとブレークタイム 』著:ポルリン
 
10位『食糧人類』 原案:水谷健吾 漫画:Kamaro
 

まとめ

 
web媒体でのマンガ作品を
発表する人が増えてきて、
 
各出版社もwebに力を入れているようです。
 
紙媒体でのマンガはページ数も限られ、
 
印刷コストもかかります。
 
しかし、Web上なら
そういった制約はなくなるし、
 
発表すれば手軽にたくさんの人に
見てもらえる機会が生まれます。
 
そして、読者との反応がダイレクトに知れるので
 
作者と読者の距離が近く、
 
その反応をもらって
作者の創作モチベーションも
上がるようですね。
 
これからのエンターテイメント作品は
 
どんどんwebで閲覧するように
なるんでしょうね。
 
ファンと作者がダイレクトに
繋がることができる
 
Webがこれからの主流になるのかもしれません。

sponsored link

down

コメントする




スポンサードリンク

プロフィール

カミムスビ

カミムスビ

ストーリーのアイデアや作り方に興味があります。 漫画のストーリー作りに参考になるネタを創作の研究がてら、漫画・アニメ・ゲームなどから集めています。

人気記事



sponsored link

Facebookページ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.